ふれあい、さわやか 山梨中央銀行 RECRUITMENT

TOP > 先輩インタビュー > 相川 雄輝

相川 雄輝

  • 韮崎支店
  • マネーアドバイザー
  • 2017年入行

入行理由

県外の大学の経済学部で学んで金融の仕事に興味を持ち、在学中に銀行業務検定を取得。『銀行員』という響きに憧れもありました。就職活動では銀行や証券会社、保険会社を中心に訪問し、なかでも出身地・山梨の地方銀行である当行を志望しました。意外にフランクな印象で、人事の方にもあたたかく接していただけたことが入行の決め手です。

今後の目標

マネーアドバイザーとして経験を積んだ後、法人のお客さま向けの融資業務などにも挑戦していきたいです。新規事業や事業承継など、地域の法人のお客さまの相談に乗り、当行のネットワークを駆使して最適な課題解決方法を提案し、銀行員として山梨県の経済を下支えできるようになりたいです。『一生勉強!』の気概で頑張りたいですね。後輩の指導にも力を入れていきたいと思います。

現在の仕事

個人のお客さま向けにご自宅を訪問して金融商品の提案・管理を行っています。会社勤めをされているお客さまと平日会うことは難しいので、定年退職されている世代の方や、経営者の方の住宅ローンや自動車ローンの相談に乗るなど、比較的年齢層は高めの方が多いです。お持ちの資産をお子さまやお孫さまに残せるよう相続対策として保険商品を提案することもあります。

当行の魅力

ネームバリューとお客さまとの距離が近いこと。山梨県内なら至るところに支店があり、お客さまから連絡をいただければスピード感を持って対応し、万全なアフターフォローができます。仕事に熱い人が多く、みんなで刺激しあって成長できる環境があるところも魅力だと思います。ミスをすることもありますが、仕事のオン・オフで気持ちを切り替え、メリハリを持って働いている人が多いですね。

選考時の取り組み

大学ではなにかカタチに残るものを、と学生時代の集大成として取り組んだのが銀行業務検定、FP2級の取得に向けた勉強でした。受験したおかげでいろいろな知識が身につき、企業の面接でもこの資格がきっかけで会話が弾むことが多かったです。

仕事のやりがい

金融商品はリスクがある商品ですが、個々のお客さまのニーズに応じて、自信を持ってお勧めできるものを提案することで、お客さまに安心感を持っていただけたときに、お客さまのお役に立てたというやりがいがあります。

最初の仕事

現金の収納や支払、支店の現金管理などの出納業務を担当しました。その後、預金の後方業務を経験し、現在のマネーアドバイザーに。基礎的な業務から、段階的に銀行業務を覚えていけたことがよかったです。

休日の過ごし方

小1から高3までサッカーを続けていたので、現在は当行のサッカー部に所属して月2回くらい試合に出ています。金融機関対抗の試合もあります。そのほか、社会人になってからゴルフを始め、支店のコンペに参加したり、同期とプレーをしに行ったりしています。飲み会にもよく行きます。平日は焼酎かワインを少々。飲みに行くときは何でも飲みます!

みなさんへ一言

大学で東京に行き、就職で山梨に戻ってくる友人も多く、私自身、豊かな自然のなかで、やりがいある仕事に就くことができ、山梨に戻ってきてよかったと感じています。提案次第でお客さまの資産を増やしたり、事業を成長させたりしながら地域に貢献していける仕事なので、地域を盛り上げたいという気概のある方に加わってほしいですね。周囲の仲間と切磋琢磨し、オン・オフでメリハリをつけながら働けると思いますよ。

INTERVIEW

窪田 梓
  • 八王子支店
  • マネーアドバイザー
  • 2014年入行

石原 凌也
  • 昭和支店
  • ビジネスアドバイザー
  • 2015年入行

保坂 紗季
  • 湯村支店
  • 融資
  • 2016年入行

相川 雄輝
  • 韮崎支店
  • マネーアドバイザー
  • 2017年入行

芦澤 紗英
  • 貢川支店
  • マネーアドバイザー
  • 2018年入行

若月 南
  • 塩山支店
  • 預金・出納係
  • 2019年入行

笑顔で輝くあなたのご応募をお待ちしています!

ENTRY

© YAMANASHI CHUO BANK, All Rights Reserved.