ふれあい、さわやか 山梨中央銀行 RECRUITMENT

TOP > 先輩インタビュー > 窪田 梓

窪田 梓

  • 八王子支店
  • マネーアドバイザー
  • 2014年入行

入行理由

地元の大学に進学し、地域振興のゼミで、フィールドワークを通じて地域の商店街の方々と連携してイベントを主催するなど、山梨の活性化に向けて取り組んでいました。卒業後も山梨県の役に立ちたいと小売、サービス業など、ジャンルを絞らず、県内に本社を置く企業を中心に回るなかで、たまたま訪れた当行の支店で、女性行員の親切な応対に、「こういう人と一緒に仕事ができたら」と思ったからです。

今後の目標

FP1級を取得するという目標が達成できたので、次は、人と接するうえでの話し方などについても学んでいきたいです。自分の経験を踏まえ、初めてマネーアドバイザーになる後輩にも丁寧にかみ砕いて説明し、お客さまとのやりとりの場にも同席してもらいながら学び取ってほしいと思っています。

現在の仕事

当行の口座をお持ちのお客さま宅を訪問し、投資信託や保険などの金融商品のご提案を通じて、資産運用のお手伝いをしています。他行ですでに資産運用を行っていらっしゃる方にも当行の金融商品をご検討いただけるよう、キャンペーンなどを定期的にご案内。お客さまのニーズに合った金融商品を提案し、興味を持っていただけるようにしています。

当行の魅力

みんなでアイデアを出しながら業務に取り組み、それがお客さまの立場に立った幅広い提案につながっていると思います。山梨県内で当行をメインバンクと考えてくださっているお客さまが多いのは、そうしたきめ細かな提案が評価されているから。行内には女性の総合職も多く、長く働き続けるための福利厚生も充実していて、将来のキャリアパスが描けるのも働くうえでは安心です。

選考時の取り組み

気になる業界は複数の企業を見て他社との違いを比較し、理解を深めるようにしていました。そうすることでエントリーシートにもより具体的に志望動機を書けるようになります。エントリーシートは、大学のキャリアセンターの方に添削してもらったり、ゼミの仲間と見せ合ったりしてチェックしていました。

仕事のやりがい

お客さまが何に関心を持たれているか、雑談を通じてニーズを探り、相続や今後のお金の使い方など、年代によって異なるさまざまなニーズに応じた金融商品の提案を通じて、お客さまの資産運用のお役に立てたこと。提案を通じて初めて投資信託を始められたお客さまに、その後「あのとき紹介してくれてありがとう」と感謝の言葉をいただけたこともやりがいになっています。

最初の仕事

窓口に来られたお客さまの預金口座の作成や各種変更手続き、預金商品のお勧めなどを行う預金業務です。銀行ならではの正確さを求められることに当初は驚きましたが、業務を通じて、常に確認を怠らないことを意識するように。その後、出納、為替業務にも携わり、思っていた以上に銀行業務の幅が広いことを知りました。

休日の過ごし方

映画を観に行ったり、ライブに出かけたりしています。映画はハリウッドものなど洋画が多いですね。少し前までは海外の学園ドラマにはまっていました。ライブはいろいろなアーティストを聴きに行きますが、特に人気女性アイドルグループが好きで、ファンクラブにも加入しているほど。結婚したばかりの夫も巻き込んでよくライブに行っています。

みなさんへ一言

入行してから仕事でさまざまな知識が必要になりますから、いろいろなことを吸収しようという意欲と向上心のある人に加わってほしいですね!学生時代、金融の専門的な勉強はしていませんでしたが、研修の機会が豊富にあるので、知識やスキルを身に付けることができます。お客さまと接したり、行内で交流したりする機会も多いので、元気があって明るい方なら、周囲の先輩に分からないことは聞きながら成長していけると思います。

INTERVIEW

窪田 梓
  • 八王子支店
  • マネーアドバイザー
  • 2014年入行

石原 凌也
  • 昭和支店
  • ビジネスアドバイザー
  • 2015年入行

保坂 紗季
  • 湯村支店
  • 融資
  • 2016年入行

相川 雄輝
  • 韮崎支店
  • マネーアドバイザー
  • 2017年入行

芦澤 紗英
  • 貢川支店
  • マネーアドバイザー
  • 2018年入行

若月 南
  • 塩山支店
  • 預金・出納係
  • 2019年入行

笑顔で輝くあなたのご応募をお待ちしています!

ENTRY

© YAMANASHI CHUO BANK, All Rights Reserved.