ふれあい、さわやか 山梨中央銀行 RECRUITMENT

TOP > 先輩インタビュー > 保坂 紗季

保坂 紗季

  • 湯村支店
  • 融資
  • 2016年入行

入行理由

東京の女子大に進学し、大規模な合同企業説明会に参加するなかで金融業界に興味を持ち、最初に頭に浮かんだのが地元で誰もが知る当行でした。インターンシップにも参加し、住宅購入資金や教育費、老後の資金といったライフステージに応じた資金繰りのアドバイスを行うなど、銀行業務の幅広さに魅力を感じました。勤務時間が安定していて、全国転勤がないことも魅力でしたね。

今後の目標

まずは一人で自信を持って話ができるように経済や財務の知識を身につけ、お客さまのお役に立てるようになることを目指しています。同僚には時短勤務で子育てをしながら活躍している先輩も多いので、私も子どもが生まれてからも働き続けたいと思っています。

現在の仕事

個人向けの融資係を経験した後、法人向けの事業性融資を担当するようになりました。現在、取り組んでいるのは、主に更地を住宅地として販売したいという住宅業者、不動産開発業者などの企業向けに土地の購入資金を融資する仕事です。まだまだ分からないことだらけですが、支店長をはじめ、上司の方々が支店の融資係向けに勉強会を開いてくださるので、日々知識を吸収しながら業務に取り組んでいます。

当行の魅力

なんといっても人が優しいこと!今まで複数の支店で勤務を経験してきましたが、どの支店でも周りの方が丁寧にアドバイス・フォローをしてくださり、新しい業務も段階を踏んで身につけていくことができました。女性の上司も多く、結婚や出産などのライフステージに合わせてコースを転換することができるなど、長く働き続けられる環境も整っています。

選考時の取り組み

大学の就職活動対策の授業に参加。どの業種でも変わらないのは「なぜこの会社がいいのか」を自分の言葉で伝えることだと学びました。銀行は堅いイメージがあったので、それに合わせてどんな対策をしたらよいか不安でしたが、先生からは「無理につくらず、自分を出した方がよい」とアドバイスを受け、不安な気持ちが軽くなりました。

仕事のやりがい

事業の相談で、私を頼って来店されるお客さまがいらっしゃることです。土地の分譲では難しい内容もあり、まだ一人で判断ができない場面も多いですが、少しずつ一人でも対応できるようになってきていることが自信とやりがいにつながっています。若手行員が経営者層の方と一緒に仕事ができる機会は、他の仕事ではなかなかないと思います。

最初の仕事

預金の後方業務です。窓口でお預かりしたものを後方で手続きをする業務を約半年間担当しました。最初の配属は大きな店舗だったので、4、5月は新規口座を開設されるお客さまが多く、ロビーにはお客さまが常に待っていらっしゃる状態。限られた時間のなかで正確に手続きを行おうと、常に緊張して目の前の仕事にいっぱいいっぱいでしたね。

休日の過ごし方

休みは電車で東京に遊びに行くことが多いです。半年前に結婚したばかりですが、連続休暇やミニ連休、アニバーサリー休暇など、有給休暇がいろいろあるので、休むときはしっかり休んでリフレッシュできています。山梨にはワインや果物など名産がたくさんありますし、実家に気軽に行くこともできるので、やはり山梨に戻ってきてよかったと思っています。

みなさんへ一言

就職活動は、まずは業種を絞らずにいろいろな企業を見ることをお勧めします。見学やインターンシップを体験しておくのもいいですね。将来、銀行業務に就いたときにもきっと役に立つはずです。私は一人っ子で、東京に住むと家族とあまり会えなくなってしまうことも考慮してUターンを決めましたが、東京は土日に気軽に遊びに行けます。地元で長く働きたい方にとって、当行はぴったりの環境ですよ。

INTERVIEW

窪田 梓
  • 八王子支店
  • マネーアドバイザー
  • 2014年入行

石原 凌也
  • 昭和支店
  • ビジネスアドバイザー
  • 2015年入行

保坂 紗季
  • 湯村支店
  • 融資
  • 2016年入行

相川 雄輝
  • 韮崎支店
  • マネーアドバイザー
  • 2017年入行

芦澤 紗英
  • 貢川支店
  • マネーアドバイザー
  • 2018年入行

若月 南
  • 塩山支店
  • 預金・出納係
  • 2019年入行

笑顔で輝くあなたのご応募をお待ちしています!

ENTRY

© YAMANASHI CHUO BANK, All Rights Reserved.